あめちゃんは優しい気分にしてくれます

よく大阪のおばちゃんが普段からあめを持ち歩いていると言う話を聞きますが、
私も最近あめを購入し持ち歩く事が多いです。
以前はあめをあまり食べる方ではなかったのですが、娘が幼稚園の年長さんになった辺りから、
娘のお友達が家に遊びに来た時やお出かけの時のおやつ代わりに重宝しています。

娘は今小学一年生ですが、新しいお友達が来た時等も私があめをあげると嬉しそうに笑顔になってくれますし、
緊張感がなくなるのかちょっとだけ早く仲良くなれるような気がします。
それに今はアレルギー体質の子供も多いですし、おやつに使われている材料によっては食べられないものも多いです。
家に遊びに来る子には必ずアレルギーの有無を確認していますが、あめならほとんどのものは大丈夫なので安心してあげる事が出来ます。

あめと一口に言っても色々な種類がありますが、娘のお友達に人気のあめは棒付きのペロペロキャンディーだったり、
昔ながらのミルク味のあめだったりと、基本的には私の小さい頃好きだったものと変わらない感じです。

我が家は大体2~3袋のあめを常備してあって、色んな種類のあめをガラスの瓶に入れて置いてあります。
何気に部屋に置いておくだけでも可愛くて、部屋のインテリアの様にもなっています。

あめは誰かにもらうと何だか心がほっこりした感じになったり、その人との距離感が縮まる様な気がします。
甘いあめの様に優しい気持ちが伝わるのかもしれません。
また美味しそうなあめを探して誰かにおすそ分けしたいなと思います。ネットで売れてる酵素ドリンク